Terra-Cco(テラッコ) 人と人をつなぐ 地域と教育をつなげる 会社です。  

【北星余市高校】7/31 教育講演・相談会 取材

2022731日(日)東京都品川区立中小企業センターで開催された、
北海道余市町にある 北星学園余市高等学校の教育相談会の様子をレポートします。

 

相談会に来場された方々は、今堀校長先生から学校生活全般についてのお話を聞いた後、
卒業生やPTAの方々と机を囲み、進学を考えるにあたり、気になる内容について
個々に質問されていました。

 

 

人の中で生きる力を育てる 北星学園余市高等学校

 

誰しも集団の中で何らかの疎外感を感じてきた経験がある。
安心して自分らしい生き方を見つけるためにはどのように解決したらいいか?他者を理解するには?

 

誰とでも繋がればいいわけでは無く、自分らしい人との繋がりを作ることが大切だと考えている。
個を育てるためには、先生ができるだけたくさんのものさしを持って子ども達を見ると同時に、
暴力的に支配されることの無い、民主的で様々な単位の集団も必要。個と集団の両方に気を配り、
人が人の中で育つ環境を作っていく。

 

今抱えている不安や困りごとに寄り添い、北星学園余市高等学校が大切に考え実践していることが
写真や配布された資料からも伝わってきました。

 

コロナ禍において学校行事の運営が難しい中、現在のように行事を減らさずに
運営できるのは生徒会が介在しサポートする力が大きいとのこと。
生徒会は人気のある食べ物企画など、生徒が参加しやすい放課後ミニ企画を運営実行し、
行事成功のために大きな役割を果たしていることも紹介されました。

 

卒業生から聞くリアル

現在、学ぶ場所は全日制だけで無く通信制・単位制などがあり、自分に合った選択肢が増えています。
不登校、高校を中退した生徒も受け入れている全日制普通科高校の北星学園余市高等学校ですが、
約8割の生徒さんが寮下宿で生活し通学しています。全日制の北星学園余市高等学校が、
あえて人の中で生きることを大切にしていると感じた卒業生の方からのメッセージをご紹介します。

 

https://www.hokusei-y-h.ed.jp/schoollife/ob_message/

 

・北星余市にはチャレンジする土壌がある。

・大嫌いだと感じていた先生に対する見方を変えることができた。苦手からの変化だった。

・不登校だったが、本当は通学したい気持ちがあったので入学した。

・色々な人との出会いの中で「自分とは何か?」を考えるヒントがあった。

・生活の中にたくさんのサポーターがいる。

・自分と向き合う時間があった。

・地域の人との出会いがあり、人と出会い関わることで違う世界を知るきっかけがあった。

・狭かった視野を広げることができた。

・人に頼って前を向いていたら、人前で喋ることができるようになった。

・色々な人と出逢い、引き出しが増えた。

・色々な経験が増えた。

・人を決めつけないようになった。

・固定概念を捨てることができた。

・支え合うことができるようになった。

 

 

相談会には、保護者のサポーターも在室

 

 「今日は家から出たくない位の猛暑日ですよね。お仕事やご予定もおありかと思うのですが、
お子さんが卒業されてもこのように学校に関わられるエネルギーは何でしょうか?」
相談会の会場運営に動いていらしたPTA OB数名の方に伺いました。

 

「この学校はつぶしちゃいかん、という気持ちですかね。たとえば3人子供がいても、
それぞれの育ち方があって保護者も一年生。保護者仲間がいて、ウチだけじゃないんだ、
と思える相談会だったことが大きかった。余市はとてもいいところで、果物も海産物も美味しく、
人もいいですよ」

「本当は仕事も忙しいけれど(笑)、大切な日ですから」

「保護者同士だから話せることもあります。同じように悩んでいる人が居ることがわかってホッとする。

モヤモヤした感情も話すことでラクになることがありますからね」。

 

 

教育とは未来をつくる仕事

前回、同じ会場で開催された相談会でお話しした、卒業生の髙橋 星さんに今回もお目にかかりました。
眼ヂカラが強く、スラッと背が高い髙橋さんは現在東京都内の商社に勤務されています。

 

大阪エリア中学校の2年生在学時に1人で(!)北星学園余市高等学校を訪問し、

自分の目で学校の様子を見たことが進学の決め手になったそう。

 

生徒会長になり、学校を良くしたいと夜半まで仲間と議論を重ねた経験についてなど、
北星学園余市高等学校には、色々な教育を受けて大人や社会と関わっていく機会があり、その手段や
場所はさまざまあること。そして卒業後もタフに生きていくためのチカラがついた実感があるとの
お話を聞きました。

 

髙橋さんの結婚式でお仲人をなさったのは平野純生 元校長先生で、平野先生にご挨拶したくて
相談会会場に来たとのことでした。

 

会場に集うみなさんが「ホリさん」と呼ぶ今堀浩校長先生が話す「教育」は飾り気がありません。
今まで、生活の輪のなかで「浮いている」と感じた場面があった。社会に出る前に、人と関わって
生きていくことをあきらめずに、どのような距離感でどのように自分にとって必要なつながりを
作っていくか。考えるヒントを掴むためにも、相談会に参加してみてください。

相談会には、参加する来場者が知りたい核心を惜しまず示してくれる人たちがそろっています。

 

進路の情報を得る機会として、今後も各地区で教育講演・相談会が開催されます。

http://www.hokusei-y-h.ed.jp/consultation/counselor_education/

 

 

宮ぴくるす,ふるーつぴくるす
東京商工会議所
日本速脳速読協会,TERRACE,テラス,速読
塾と教育,学習塾,フリーペーパー

高校受験情報サイト

 受験に関するお役立ち情報を掲載しております。

株式会社 Terra-Cco(テラッコ) 

〒140-0011 東京都品川区東大井5丁目2-7
      磯部ビル2-202

 


Mariage gift,マリアージュギフト,結婚相談所,日本結婚相談所連盟・IBJ正規加盟店